赤面症をメイクでごまかすには、ベースメイクが肝心であるといえます。 ベースメイクは肌の色や肌質をカバーしてくれる大切な段階ですが、このベースメイクで一工夫することによって、赤面症をカバーできるかもしれません。 まず、下地ですが、透明なものではなく、色味のあるものを選びましょう。 また、赤味を消してくれる黄色味のものを選ぶといいですね。 次に、ファンデーションですが、ファンデーションは自分の肌の色に合ったものを選ぶようにしてください。 そして、コンシーラーを赤味が出てしまいがちな部分に、トントンと指でのせていきます。 最後に、パウダーを上からポンポンとパフやブラシでのせます。 赤面症をメイクでごまかすといっても限界がありますが、上記のように赤味を抑えることを考えながらメイクすると、赤面症をカバーできるのではないでしょうか。 コンシーラーは使用してない人も多いかと思いますが、赤味などをカバーしてくれる効果がありますから、ぜひ使ってみてください。